親鸞会と浄土真宗を広めた蓮如上人

学校の社会の授業で取り上げられる事がある、鎌倉仏教を代表する人の一人である親鸞は、とても有名な人です。しかし、親鸞が始めた仏教である浄土真宗を広めた蓮如上人も非常に重要なキーパーソンと言えるでしょう。

蓮如上人は親鸞の8代目の子孫に当たる人です。

蓮如上人が登場するまでの間は親鸞の教えというのは残っていましたが、今日の様な広がりはありませんでした。浄土真宗を語る上では、とても重要な人物です。

他にも親鸞のひ孫であり、教えを要約したとして、親鸞や蓮如上人と共に善知識として知られているのが覚如昇任と呼ばれる人です。

この宗派における教えというのは善知識をベースにしています。

過去の偉人の教えというのは非常に素晴らしいものが多いですが、実際に書籍などから自分で学ぼうと思っても、文章が昔の文体で記述されているなど、読解に深い知識を必要とする事もあります。

時には理解できない部分が出てくる事もあるかと思います。また難しい文章というのは、読み進めるのが大変だと感じてしまい、途中で諦めてしまったりする事もあるかと思います。

しかし、親鸞会においては、親鸞の教えを分かりやすく説明してくれます。

また、親鸞会のホームページにおいては、たくさんの動画が掲載されており、再生するだけで噛み砕いて説明してくれているので、難しすぎて勉強がイヤになってしまうという事もないでしょう。

きっと難しいのが苦手な人でも親鸞会ならたくさん勉強できるでしょう。