真言宗を開いた空海について

空海は留学僧として中国に渡り、のちに日本に戻り真言宗を開いた人物として知られています。

真言宗を開くまでに空海は、中国にて恵果という人物に出会い、密教について学びます。恵果は唐の時代に生きた人でしたが、皇帝からも信頼される様な重要な人物でした。

空海が密教を学び帰国した後に開いた真言宗は現在も多くの人が信仰しています。
また、同じ時期に最澄が天台宗を開いています。

真言宗を開いた空海や彼が生きてきた足跡を見ると非常に興味深いものがあります。空海は書にも秀でていた事から五筆和尚とも呼ばれています。真言宗のお寺は和歌山県の高野山にあります。高野山は全国から多くの人が訪れます。