現在にも受け継がれる浄土真宗

聖徳太子の時代に仏教が海外から日本に伝わりましたが、当時のままそのまま現在に伝わるのではなく、その後はどんどんいろんな宗派に細かく分かれていく様になりました。浄土真宗もその中の一つです。

浄土真宗は鎌倉時代に誕生しましたが、鎌倉時代というのは日本の仏教においてとても大事な時期といえるでしょう。

鎌倉仏教という言葉もあるほどで、浄土真宗も含まれます。鎌倉時代から現在に至るまで長い時間が過ぎましたが、浄土真宗の素晴らしい教えというのは、色あせてしまう事なく、今もたくさんの人に受け継がれています。そして、これから時代が変わったとしても、浄土真宗はたくさんの人に受け継がれていく事でしょう。